永住ビザ申請の結果を入管に問い合わせる方法永住ビザ
永住権の進捗状況を知りたい場合、入管局に問い合わせるたくなることも。方法は相談窓口に行く、永住審査部門に電話で問い合わせるなどの方法があります。
無料相談のご予約はこちらから

永住権の審査は時間がかかる

永住権の結果を問い合わせる

 

この記事は入管局に永住ビザの審査状況を聞く方法について。

 

 

 

永住許可申請は時間がかかります。
入管局が発表している標準処理期間は4か月とありますが…
実際の所は6か月くらいは掛かることが多いです。
品川にある東京入管は倍の8か月かかる状態です。
(首都圏を管轄するので申請数が桁違い)

 

関連記事:永住許可申請で必要な期間

 

マンガ、永住許可申請を入管に問合せる

マンガ、永住許可申請を入管に問合せる

 

永住権の結果問合せを漫画で表現したものです。
最低限の情報はここに含まれています。

 

結論は永住許可申請は時間が掛かるので気長に待ちましょうです。
それでも進み具合が気になるものです。
その時は入管に状況を質問してみると良いかもです。

 

永住ビザの進捗状況を入管に聞く方法

永住ビザの進捗状況を入管に聞く方法

 

入管局に質問する方法ですが。
直接窓口へ行くか、電話で聞くかの二択になります。
窓口なら担当者と面を合わせて話ができます。
電話なら入管局まで行く必要がありません。

 

メールやLineで質問できれば楽で良いのですが。
審査部門へ通じるアドレスやIDは公開されていません。

 

問合せには受付番号が必要です。

入管の申請受付票

 

相談の際に必要なのは手続きした日時と申請者と申請番号です。
これらは永住許可申請書を提出した時に交付される申請受付票に書かれています。
上記の画像は大阪入管の受付票になります。
(入管によって形が異なる場合があります)

 

永住権の問合せを窓口で

申請した入管局の相談窓口で問い合わせる方法です。
予約は必要ありませんので、開庁時間(平日朝9時から16時まで)に訪問しましょう。
相談窓口は混雑するので、出来る限り早い時間に行くのが良いと思います。
持ち物は上記の申請受付票と本人確認書類、筆記用語を準備します。

 

相談窓口で「○○月○○日に申請した永住許可についてお聞きしたいのですが…」
という感じで進めて行けばよいと思います。
窓口担当者から何らかの回答が得られます。

 

行政書士
 

「審査中です。」
「審査が終わりましたら通知します。」
9割がたは、この様な回答になります。

 

入管局に電話で問い合わせる

入管局に行く時間が無い。
この様な場合は、電話で問合せをします。
電話は永住審査部門に行います。

 

質問内容は窓口と同じような要領で行えばよいです。

 

全国の永住審査部門の電話番号

 

電話番号 内線番号
札幌入管 0570-003259 110#
仙台入管 022-256-6073
東京入管 0570-034259 610
名古屋入管 0570-052259 610#
大阪入管 0570-064259 220
広島入管 082-221-4412
高松入管 087-822-5851
福岡入管 092-831-4139

 

こちらの電話番号はナビダイヤルになっている所が多いです。
(かけ放題プランでも電話代が掛かります)

 

入管局の電話は非常に繋がりにくい

電話での問合せのデメリットは、電話に繋がりにくいことです。
回線数と電話を掛ける人のバランスが取れていない状況です。
(それだけ問合せする人が多い)

 

大抵は「ツーツー」となって切れてしまいます。
(別の人の電話に対応している)

 

弊所も入管局に問合せをすることが多いですが。
簡単には繋がらず、最長2日かかった事もあります。
下手したら電話するよりも窓口に行った方が速かったなんてことも…
(入管局の担当者様、お疲れ様です)

 

入管局のインフォメーションセンター

入管局が公表している電話番号には、インフォメーションセンターがあります。
こちらは審査部門と違い繋がりやすい傾向にあります。
また多言語対応されているので、日本語に不案内な方でも大丈夫です。

 

ここで聞けるのは、書類の書き方などの一般的な内容になります。
永住権の問合せをしても、回答は得られないと思った方が良いでしょう。
電話担当者は審査官ではなく、電話専門要員です。

 

あと審査で必要な書類や個別具体的な質問も難しいです。
「審査官の判断になります。」
この様な回答になりますね。

 

問合せしたら永住権の結果は早く出る?

問合せしたら永住権の結果は早く出るか

 

結論から言うと…
早くもならないし、許可への好影響もありません。
(感情的な対応で、逆に素行要件でマイナス評価される場合も)

 

この質問は意外と多いですし、時間が掛かるのでヤキモキするお気持ちもお察しします。
永住許可申請は、気長に待ちましょう。

 

以上が永住権の結果の問い合わせについてでした。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

 

行政書士やまだ事務所 所長

行政書士 山田 和宏

 

日本行政書士会連合会 13262553号

大阪府行政書士会 6665号

申請取次行政書士(大阪出入国在留管理局長承認)

大阪府行政書士会 国際研究会会員

大阪府行政書士会 法人研究会会員

 

【適格請求書発行事業者】

インボイス登録済

番号:T1810496599865

 

【専門分野】

外国籍の方の在留資格手続き、帰化申請(日本国籍取得)

年間相談件数は、500件を超える。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

【運営サイト】

 

永住許可申請サポート

 

帰化許可申請サポート

 

配偶者ビザ申請サポート

 

建設業許可申請代行

 

 

無料相談のご予約

永住ビザ申請に関する問い合わせ電話

 

06-6167-5528

 

 

お問い合わせフォームは24時間年中無休で受付中!