永住ビザで身元保証代行サービスを使うメリットとデメリット永住ビザ
永住許可申請で必要な身元保証人が見つからない時に身元保証代行サービスの利用を考える場合の利点とリスクを永住ビザ専門の行政書士がマンガを用いて分かり易くご紹介します。
無料相談のご予約はこちらから

永住許可申請の難所は身元保証人を確保すること

永住ビザ申請と身元保証代行サービス

 

この記事は永住ビザ申請で身元保証サービスを利用するかについて

 

 

永住許可の身元保証人は、日本人か永住者になってもらう必要があります。

 

関連記事:永住許可申請の身元保証人

 

身元保証人を引き受けて貰った人に、身元保証書を書いてもらい免許証など本人確認書類のコピーを入管に提出します。

 

関連記事:永住ビザの身元保証書の書き方

 

配偶者ビザで申請する場合は、パートナーになってもらえるので問題になる事は少ないです。
しかしながら就労ビザや定住者、高度専門職ビザの場合は、保証人を見つけるのに苦労する事が多いです。
(日本人は借金や就職での保証人の怖さを小さいころから叩きこまれます)

 

その辺の内容を別記事で詳しくご紹介しております。
ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

 

関連記事:永住許可申請の身元保証人を頼まれた

 

身元保証人になってくれる人が見つからない…
その様なときに役立つ?。
身元保証人代行サービスです。
お金を払って身元保証人になってもらうサービスです。

 

ただ便利なサービスではありますが、相応にリスクが存在します。
保証人代行は不許可リスクやサービス特有のリスクに晒される事になります。

 

マンガ、永住許可申請と身元保証代行サービス

マンガ、永住許可申請と身元保証代行サービス

 

マンガにある様に、少なくない方が保証人代行サービスを考えるものです。
弊所の相談でも、代行サービスを利用したいと仰る方は大勢います。

 

この時の回答は、代行サービス利用が入管局にバレた際に不許可になる可能性が高いですよ。
危険をご承知の上で利用するならば、私からは何も申し上げることはございません。
この様にお答えしています。

 

冷たく突き放すような回答になりますが…
(この様な冷たい言い方は本意ではありません)
それ位にリスクが大きい選択肢です。

 

永住権の身元保証代行サービスとは

永住権の身元保証代行サービスとは

 

ここからは身元保証人代行サービスの説明をいたします。
保証会社にお金を払い身元保証人を用意してもらうサービスです。
インターネットで検索すると数社ヒットします。

 

手順としては以下の様な形が多いです。

 

  1. 保証会社に申し込み
  2. 代金を支払う
  3. 在留カードのコピーや住民票の写しを送る
  4. 身元保証人から身元保証書と免許証のコピーが送られてくる
  5. 受け取った書類を入管に提出する

 

保証会社に代金を払い、そこに登録している人から、身元保証書と免許証のコピーを送ってくる形になります。
申し込みから受け取りまで、大体1週間から2週間程度です。
永住許可の身元保証人の場合、税込みで55,000円程度が多いようです。

 

この様な保証人を立てるサービスは以外と多いです。
有名な所だと、家を借りる時の保証会社です。
弊所も事務所を借りる時に、保証会社に入らさせられました。

 

あとは高齢者施設の入居、就職やアルバイトの保証人、FC契約での保証人などもあります。
他にも信用保証協会という半官半民の団体が、事業者の融資保証を行っています。
(経営管理ビザなど事業をしている方はお世話になっているかも)

 

永住許可の身元保証代行サービスの利点

保証人代行サービスの利点は、以下の様なものがあります。

 

  • 保証人が居なくても永住許可申請できる
  • 保証人を探す手間が省けること
  • 知り合いに頭を下げなくても良い
  • 知人に借りを作らなくて良い

 

特に保証人になってくれる人が見つからない時は頼りになるサービスです。
または身元保証書を書いて貰うための、精神的な負担から解放される部分も大きいですね。

 

お金で解決できるなら、できるに越したことはありません。
保証人代行サービスの相場は、5万円程度となっています。

 

関連記事:永住許可申請の費用

 

身元保証代行サービスのデメリット

身元保証代行サービスのデメリット

 

ここからは代行サービスの危険性をご紹介します。

 

  • 業者の当たり外れが大きい
  • 不許可リスクがある

 

保証代行業者は玉石混交

身元保証人代行サービスは、業者の当たり外れが非常に大きいです。
消費者相談センターや様々な役所からも保証人紹介サービスについて注意喚起されています。

 

  • お金と個人情報だけ渡して、身元保証書が来ない。
  • 実在しない人間の書類を渡された。
  • 提出した個人情報を悪用された。
  • 別の人の保証人にさせられた。
  • 更新料を請求される。
  • 高額なキャンセル料を請求された。

 

この様な酷い話が普通にあります。
保証人紹介サービスは、役所の許可も監督もありません。
酷い会社はトコトン酷いものです。
真面目な会社もあると思いますが、それを見分けるのは至難の業です。

 

代行サービスを利用せざるを得ない場合、少なくとも会社の実態が分からない業者は避けましょう。
(ホームページに住所が書かれていない、バーチャルオフィスなど)

 

不許可リスクがある

次は代行サービス利用が発覚した場合に不許可になる可能性があります。
代行サービスを利用するのは、永住許可の要件から逸脱する部分があります。

 

永住ビザの身元保証人は、日本社会の定着性や在留状況などを計る側面があります。
入管的には真面目に10年も日本で暮らしていたら、一人や二人はなってくれる人が出てくるでしょうと言うことです。

 

同じ人が何人もの身元保証人に

どこでバレるかと言いますと…
今回の身元保証人が何度も入管で見かけた場合。
永住許可申請の代行サービスを取り扱う業者はそんなに多くないです。
同じ人が何度も身元保証人として使用されることになります。

 

今回は中国籍の身元保証人だった人が、前はベトナム、ミャンマー、韓国と…
中国籍の方は技能ビザ、ベトナムの方は配偶者ビザ、ミャンマーの方は高度専門職。
居住地も大阪、東京、石川県、山口県…

 

申請者の属性がバラバラなのに保証人はみんな同じ人。
入管局は保証人紹介サービスを疑います。
(国際結婚のブローカーと同じようなもの)

 

連絡が付かない、身元保証人になったことを知らない。

次に身元保証人と連絡が付かなかったり、本人が知らないケースです。
身元保証書には、保証人の住所と連絡先が記載されます。
入管局はたまに身元保証人に電話することがあります。

 

何回か電話を架けても出なかったりすると、確認が取れなかった扱いに。
この場合、永住権の審査が不利になります。

 

身元保証紹介サービスで保証人になった人は電話に出ないことが多いです。
(あちこちで保証人になっているから、電話対応しきれない)

 

次に身元保証人になった事を知らなかった?
実際にあった話ですが、入管が電話して「保証人になった記憶が無い」と回答されたケースがあります。
身元保証人が準備できなかったとして一発で不許可になりました。

 

この事例では入管に説明するチャンスすら与えられませんでした。
疑問点があれば入管から資料提出通知が届きます。

 

関連記事:永住ビザ審査で資料提出通知が届く

 

身元保証人紹介サービスは、この様なリスクがあります。
弊所としては、代行サービスの利用をお勧めはいたしません。

 

以上が永住ビザで身元保証人紹介サービスの注意点でした。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

 

行政書士やまだ事務所 所長

行政書士 山田 和宏

 

日本行政書士会連合会 13262553号

大阪府行政書士会 6665号

申請取次行政書士(大阪出入国在留管理局長承認)

大阪府行政書士会 国際研究会会員

大阪府行政書士会 法人研究会会員

 

【適格請求書発行事業者】

インボイス登録済

番号:T1810496599865

 

【専門分野】

外国籍の方の在留資格手続き、帰化申請(日本国籍取得)

年間相談件数は、500件を超える。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

【運営サイト】

 

永住許可申請サポート

 

帰化許可申請サポート

 

配偶者ビザ申請サポート

 

経営管理ビザ申請サポート

 

建設業許可申請代行

 

 

無料相談のご予約

永住ビザ申請に関する問い合わせ電話

 

06-6167-5528

 

 

お問い合わせフォームは24時間年中無休で受付中!