永住者が日本で出産した子供は永住ビザを取れる永住ビザ
永住権を持った人が出産した子は、出生から30日以内に入管局で手続きすれば子供も親と同じ永住者になれます。30日を超えた場合は配偶者ビザ(永住者の配偶者等)の在留資格になります。子に永住権を与えるための手続きをマンガを用いて説明します。
無料相談のご予約はこちらから

 

永住ビザのご相談~申請手続きまでオンラインでの打ち合わせ出来ます。

当事務所の近くでも遠方でも来所は不要です。

 

ご希望の方にズーム(zoom)のURLを送信いたします。

ご指定の時間にURLをクリックするだけで面談できます。

まずは相談フォームorお電話でお気軽にお問い合わせください。

永住者夫婦から産まれた子供は永住者?

永住者が日本で出産した子は永住権をもつ

 

この記事は永住者夫妻に産まれた子供の在留資格について。
永住許可申請前から審査中に子供が産まれた場合は別記事になります。

 

関連記事:産休・育休中の永住許可申請

 

 

マンガ、永住者が出産した子は永住権を持つか

マンガ、永住者が出産した子は永住権を持つか

 

漫画にもある様に、出生した子供は入管局に申請した日付で在留資格が変わります。

 

  • 出生から30日以内:永住者
  • 出生から60日以内:永住者の配偶者等

 

産まれた日から1か月以内に入管局に在留資格取得許可申請を行い、許可が出れば子供は最初から永住権が付与されます。

 

手続きが30日を超えた場合は、子供には配偶者ビザが許可されます。
どちらも活動内容に制約はありませんが、ビザの更新がありますので、出来る限り30日以内の手続きがベストです。
ちなみに特別永住者の子供は、入管局ではなく市役所にて特別永住者の申請を行います。

 

配偶者ビザ「永住者の配偶者等」で子供が産まれた場合も子供の在留資格は変わります。

 

関連記事:配偶者ビザと永住ビザの相違点

 

永住者の子供が産まれたときの手続き手順

永住者の子供が産まれたときの手続き手順

 

永住者夫婦の子供が産まれて永住ビザを取るまでの手順は以下の通りです。

 

  • 市役所で出生届
  • 母国の大使館で届出とパスポートの準備
  • 地方入管局で在留資格の手続き

 

市役所に出生届を提出

病院で出産した時は、病院から出生届を貰います。
医師から出生証明欄を書いてもらい、残りの部分をこちらで記入します。
この時までには子供の名前を決めておく必要があります。

 

市役所の住民登録係に出生届を提出します。
締切は出生日から14日内です。
遅れた場合でも受理はされますが、何らかのペナルティが科せられる可能性もあります。

 

出生届の受理後、子供の住民票が作成されます。
ご両親の健康保険が国民健康保険の場合、こちらも加入して子供のの保険証の入手も大事です。
(会社の健康保険に加入している場合は、会社で手続きが必要)

 

この段階で扶養家族の人数が一人増える形になります。
永住許可申請の要件が若干変化します。

 

関連記事:永住許可と扶養家族

 

母国の大使館で出生届の手続き

次に母国の大使館で子供の出生届を提出します。
この時に区役所から出生届の記載事項証明書と翻訳文が必要になります。
区役所の書類はアポスティーユ認証が必要な場合は、外務省で認証を取得します。

 

あと大使館で子供のパスポートの手続きも行います。
パスポートは後の在留資格の申請や日常生活でも大変重要なアイテムです。

 

入管局で子供のビザ手続き

ラストは入管局で在留資格の手続きに入ります。
この時の手続きは在留資格取得許可申請と言うものです。

 

必要書類を作成して、入管局の開庁時間に持参します。
行政書士に依頼した場合は、申請者が持参する必要はありません。

 

一定期間経過後に入管局からハガキが届きます。
在留資格取得の場合、手数料は無料です。

 

ハガキとパスポートの原本を持って入管局の窓口で子供の在留カードを貰います。
以上が子供の在留資格取得の流れになります。

 

子供が永住者を取れる要件

永住者夫婦が30日以内に在留資格取得申請をすれば無条件で取れる。
ように見えますが、実は子供にも国益適合要件が適用されます。
正確には両親の国益適合要件が子供の審査にチェックされることになります。

 

  • 退去強制事案に該当する
  • 扶養者が公共の負担になっていない
  • 納税や社会保険などの各種公的義務の履行
  • 身元保証人が必要

 

この3点が審査で重要になってきます。
公共の負担にならないとは、生活保護を受給していないなど。
年金や健康保険の支払いも再び確認されることになります。

 

また子供の身元保証人が必要になります。
永住者か日本人の保証人が求められます。
ご両親のどちらかが身元保証人になります。

 

退去強制については、ご両親の永住権が取り消されるケースです。

 

関連記事:永住権が取り消される事例

 

入管局に提出する書類について

子供の永住権取得で入管局に提出する書類について

 

入管局に提出する書類は以下のものがあります。

 

  • 永住許可申請書
  • 質問書(別記3号様式)
  • 身元保証書(子供の両親)
  • パスポート(子供のもの)
  • 住民票(世帯全員)
  • 住民税の課税証明書
  • 住民税の納税証明書
  • 税務署の納税証明書(その3)
  • 健康保険証のコピー
  • 国民健康保険の領収証書か納税証明書
  • 年金の被保険者照会記録回答票など
  • 在職証明書
  • 確定申告書(経営者や副業がある場合)

 

関連記事:質問書(別記3号様式)の書き方

 

基本的な書類は上記のものになります。
提出後に入管局から追加資料を求められる事もあります。

 

関連記事:永住許可申請と資料提出通知について

 

意外と揃える資料が多いですね。

 

以上が永住権を持った夫婦の子供が産まれたときのビザ手続きについてでした。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

 

行政書士やまだ事務所 所長

行政書士 山田 和宏

 

日本行政書士会連合会 13262553号

大阪府行政書士会 6665号

申請取次行政書士(大阪出入国在留管理局長承認)

大阪府行政書士会 国際研究会会員

大阪府行政書士会 法人研究会会員

 

【適格請求書発行事業者】

インボイス登録済

番号:T1810496599865

 

【専門分野】

外国籍の方の在留資格手続き、帰化申請(日本国籍取得)

年間相談件数は、500件を超える。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

【運営サイト】

 

永住許可申請サポート

 

帰化許可申請サポート

 

配偶者ビザ申請サポート

 

経営管理ビザ申請サポート

 

建設業許可申請代行

 

 

無料相談のご予約

永住ビザ申請に関する問い合わせ電話

 

06-6167-5528

 

 

お問い合わせフォームは24時間年中無休で受付中!