永住ビザの素行善良要件をマンガで解説永住ビザ
永住許可申請には善良素行要件と言うものがあります。一言で言えば社会に迷惑を掛けない人です。具体的には税金や社会保険、前科がないこと、重い交通違反が無いことなどが該当します。
無料相談のご予約はこちらから

永住許可申請の素行善良要件は入管法22条に

帰化申請の素行善良要件

 

この記事は永住許可申請の素行善良要件について

 

 

素行善良要件とは、永住ビザで求められる要件の一つです。
根拠条文は入管法第22条2項1号に書かれています。
内容は「素行が善良であること」です。

 

非常にシンプルで美しい言葉ですね。
色々なものをそぎ落とし過ぎて、具体的には何を指すのか良く分からないです。
あと入管庁からは「永住許可に関するガイドライン」が公表されています。

 

関連記事:永住許可に関するガイドラインの解説

 

基本的に一般の就労ビザなどで適用される要件です。
日本人や永住者と結婚した資格での永住許可申請の場合は免除されています。
しかしながら国益適合要件の中に、素行善良要件の内容が含まれているため…
実際の所は配偶者ビザでも素行善良要件の充足が求められます。

 

また永住の類似申請である帰化申請には素行要件と呼ばれるものがあります。
内容はほぼ同じですが、微妙に異なる部分もあります。

 

関連記事:帰化の素行要件について

 

漫画、永住権の素行善良要件

漫画、永住権の素行善良要件

 

永住ビザの素行善良要件についてマンガにまとめました。
6コマなのでコンパクトな内容になっています。

 

善良素行要件の内容は多岐にわたります。

 

  • 納税義務に関するもの
  • 社会保険への加入と納付
  • 在留カードなどの公的義務を守っている
  • 前科や懲役などの刑罰がない
  • 重い交通違反がない
  • 軽い違反を何度も繰り返していない
  • 虚偽申請を行っていない
  • その他

 

ザっと挙げると上記の項目が素行善良要件に該当します。

 

永住ビザの納税義務履行

永住ビザでの税金は素行善良要件に

 

まずは納税義務に関する部分から。
身も蓋もないですが、税金の未払いや滞納は不許可になります。
永住ビザ審査では納税証明書で税金の支払いをチェックします。
詳細な要件については別記事で紹介しています。

 

関連記事:永住ビザと税金について

 

審査される税目は、住民税、所得税、法人税、消費税など国税・地方税と多岐にわたります。
永住許可の場合、在留資格の種類によりますが、最長で5年間が審査の対象になります。

 

  • 就労ビザ:5年間
  • 定住者ビザ:5年間
  • 配偶者ビザ(日本人・永住者):1年から3年
  • 高度専門職(70点以上):3年
  • 高度専門職(80点以上):1年

 

また申請者もしくは配偶者が会社経営の場合、会社の納税状況も審査の対象になります。

 

永住ビザと年金・健康保険について

永住ビザと年金・健康保険について

 

次は永住ビザ申請における社会保険について。
詳細な内容は別コンテンツでご紹介しております。

 

関連記事:永住権と年金や健康保険について

 

永住権で不許可になる理由で多いのが社会保険関係です。

 

関連記事:永住権が不許可になる理由

 

いまは健康保険と年金に加入が必須です。
(昔はどちらも不要でしたが…)

 

その人の属性に応じた社会保険に加入していることが求められます。

  • 会社員など給与所得者の場合は、厚生年金と健康保険(協会けんぽや組合)。
  • 専業主婦(夫)の場合は、配偶者の保険(第3号被保険者)
  • 自営業の場合は、国民健康保険と国民年金。
  • 会社経営は、厚生年金と健康保険(協会けんぽや組合)

 

入管庁が永住ビザ審査で確認する期間は2年間です。
(実態は来日から全期間見られてますが)

 

まず加入している事がチェックされ、次に納付期限が守られているか確認されます。
社保で厳しいところは、1日でも納期限が遅れると一発で不許可になることです。
特にコンビニ払いの方で、支払い忘れが原因でダメだった話はよく聞きます。

 

また会社経営されている方は、自分と会社の両方で要件を満たしている事が重要です。

 

刑事罰の有無も素行善良要件

前科の有無も善良素行要件の対象

 

次は刑事罰(前科)についてです。
素行要件としては一番イメージが付きやすい部分かと思います。

 

万引きで罰金刑を言い渡されたや何らかの犯罪で懲役刑や禁固刑になった場合。
素行善良要件に引っ掛かります。
実際の所は永住以前に現在のビザの更新や変更も危ぶまれますが…

 

罰金などを受けた場合、一定期間は永住許可申請は難しいです。
(帰化と違って受理してもらえるけど、不許可通知が届きます)

 

期間の目安は以下の通りです。

 

  • 懲役刑や禁固刑:刑が終わってから10年~
  • 執行猶予:猶予期間が済んでから5年~
  • 罰金刑:支払ってから5年~

 

罰金刑以上になっていない場合でも、軽い違反や刑罰を繰り返し受けていた場合も一定期間内の永住許可申請は難しいです。

 

例えば家族滞在の方のアルバイトがあります。
家族滞在と留学生は資格外活動許可を受けることで週28時間まで働けます。
これを超えている場合、資格外活動違反となります。

 

一定期間経過後も永住ビザの難易度はかなり高いです。
マイナス点をクリアできるだけの物が必要になります。

 

交通違反も素行善良要件に

交通違反も素行善良要件に

 

次は交通違反について。
これも上の刑事罰関係に含まれますが、件数が多いことと害意に関係なく処分を受ける可能性があることなどがから分けました。
詳しい解説は別記事にございます。

 

関連記事:永住権と交通違反について

 

交通違反も永住ビザで不許可になる原因で多いものです。
年収、社会保険、交通違反が不許可リスクでトップスリーになります。

 

概ねの基準で軽い違反が5年間で5回までと言われています。
さらに直近2年で2回までがデッドラインです。
ここでいう軽い違反とは、駐車禁止や一時停止、20キロ以内のスピード違反など点数で言うと1点から2点あたりの違反です。

 

飲酒運転や免停などの場合は、一定期間をあけてからでないと厳しいです。
罰金になると、支払ってから5年間。
懲役や禁固などの場合は刑が終わってから10年間、
これくらいの年数を違反しない生活で過ごしてから永住許可申請になります。

 

個人的には事情が許す限り、自動車やバイクを乗らず電車やバスなど公共交通機関を利用してほしいです。

 

その他の永住ビザの素行善良要件

その他の永住ビザの素行善良要件

 

ここからはその他の素行善良要件について。
主だった内容は上記でご説明しましたが、素行善良要件は細かいルールも色々あります。

 

まずは入管法に関する公的義務の履行について。
在留カードは引っ越しした場合、住所の書き換えが必要になります。
住所を動かしてから2週間以内に行う必要があります。
または終了ビザで退職や転職した場合は、所属機関に関する届出を入管に提出が必要です。
配偶者ビザの場合は、離婚や再婚した場合に配偶者に関する届出が必要です。

 

これらの手続きは意外と見落とされがちな部分があります。
最近の永住権審査では、この部分が出来ていないのが原因で不許可になる事例も…
(大抵は他のマイナス点と一緒に評価されると思いますが)

 

虚偽申請も素行善良要件

これは永住許可申請だけでなく、一般の就労ビザや配偶者ビザなどでも同様です。
真実ではない事実を記載したり、不都合な事実を隠した申請書や添付書類はご法度です。
発覚した場合、永住許可申請は不許可になります。
また現在の在留資格についてもマイナスの評価が付いてしまいます。
結果的にビザの更新や変更も黄色か赤信号になります。

 

これとは別に申請書提出中に転職や離婚など事情が変更した場合。
入管局に報告が必要になります。
了解書という書類でも役所に約束しています。
これを放置して後日に事情変更が発覚した場合、最悪は永住権が取り消されるリスクがあります。

 

関連記事:永住許可申請の了解書の書き方

 

以上が永住権の素行善良要件についてでした。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いた人

 

行政書士やまだ事務所 所長

行政書士 山田 和宏

 

日本行政書士会連合会 13262553号

大阪府行政書士会 6665号

申請取次行政書士(大阪出入国在留管理局長承認)

大阪府行政書士会 国際研究会会員

大阪府行政書士会 法人研究会会員

 

【適格請求書発行事業者】

インボイス登録済

番号:T1810496599865

 

【専門分野】

外国籍の方の在留資格手続き、帰化申請(日本国籍取得)

年間相談件数は、500件を超える。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

【運営サイト】

 

永住許可申請サポート

 

帰化許可申請サポート

 

配偶者ビザ申請サポート

 

経営管理ビザ申請サポート

 

建設業許可申請代行

 

 

無料相談のご予約

永住ビザ申請に関する問い合わせ電話

 

06-6167-5528

 

 

お問い合わせフォームは24時間年中無休で受付中!