入管のインフォメーションセンターで疑問点を解消。永住ビザ
書類の書き方や永住ビザ取得後の再入国許可や在留カード更新など在留資格に関する疑問は、外国人在留総合インフォメーションセンターで問合せすることで解決することが多いです。
無料相談のご予約はこちらから

 

永住ビザのご相談~申請手続きまでオンラインでの打ち合わせ出来ます。

当事務所の近くでも遠方でも来所は不要です。

 

ご希望の方にズーム(zoom)のURLを送信いたします。

ご指定の時間にURLをクリックするだけで面談できます。

まずは相談フォームorお電話でお気軽にお問い合わせください。

マンガ、入管のインフォメーションセンターで疑問点を解消

マンガ、入管のインフォメーションセンターで疑問点を解消

 

この記事は外国人在留総合インフォメーションセンターについて。

 

 

ビザ申請するにあたって、書類の書き方が分からないなど疑問点が発生することが多いです。
疑問点を解消するには、弊所を始めとするネットで確認することも可能です。
自分で言うのも何ですが、ネットの情報はネットでしかないです。

 

または行政書士事務所に問い合わせるというのもありますが…
本人申請で依頼する気が無いと判断されると…
的確な答えが返ってこない事もよくあります。
(無料相談でできる範囲は限られます)

 

自分で手続きする場合は、入管に質問するのが一番確実です。
入管には相談窓口が複数設けられています。

 

  • 外国人在留総合インフォメーションセンター
  • 管轄の入管の審査部門
  • 入管の相談窓口まで行く

 

それぞれに長所と短所があります。
分かり易くするため、比較表を掲載します。

 

相談窓口の比較表

 

インフォメーション
センター

窓口の
相談コーナー

審査部門に
直接電話

繋がり易さ
外国語対応

書類の書き方
一般的な質問

個別的な質問
状況判断 ×
手間(時間)

 

上記は弊所の肌感覚での比較表になります。
人やお住まいの地域によっては、感じ方も変ると思います。

 

入管のインフォメーションセンター

入管のインフォメーションセンター

 

まずは入管のインフォメーションセンターをご紹介します。
簡単な質問や書類の書き方ならココが一番おススメです。

 

参考までにインフォメーションセンターのURLを掲載いたします。

 

https://www.moj.go.jp/isa/consultation/center/index.html

 

電話番号は以下になります。

0570-013904

 

繋がる時間帯は、朝の8時30分から夕方の17時15分まで。
意外と早い時間からやっています。
あと電話回線の数が多いためか、意外とすぐに繋がります。
(審査部門が繋がりにくいだけかも)

 

あと対応言語の多さも魅力的です。
日本で一番多言語に対応した窓口です。

 

日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語(フィリピノ語)、ネパール語、インドネシア語、タイ語、カンボジア語、ミャンマー語、モンゴル語、フランス語、シンハラ語、ウルドゥー語。

 

日本語を含む17の言語に対応しています。
ロシア語やアラビア語は無いみたいですが…

 

  • 書類の書き方を知りたい
  • 複雑ではないけど、ちょっと知りたい内容
  • 在留カードの更新
  • 再入国許可の申請
  • 外国語で質問したい

 

この様な方にピッタリです。

 

関連記事:永住ビザの更新(在留カード)について

 

関連記事:永住ビザと日本出国について

 

欠点はナビダイヤルであることです。
スマホで掛けると意外とお金がかかります。
できるなら固定電話で掛けることをお勧めします。

 

あと欠点というよりも役割分担の違いだと思いますが…
あまり込み入った内容の質問は難しいです。
この様な場合は、入管の審査部門の電話番号を教えてもらえます。
そっちに掛けてくださいと案内されます。

 

入管の審査部門に直接質問

入管の審査部門に直接質問

 

次は地方入管の審査部門に直接電話する方法です。

 

  • 提出した書類についての質問
  • 提出した書類の審査状況の確認
  • 個別的な判断が必要なもの

 

インフォメーションセンターでは対応が難しい質問に対応してくれます。
弊所も判断が難しいときは、審査部門に判断を仰ぐことがございます。
申請した書類を判断するのは、審査部門の審査官になるためです。

 

欠点としては…
なかなか繋がらない事です。
審査部門の電話番号は部門ごとに1つしかありません。
誰かが話をしていたら繋がりません。

 

特に東京や大阪などの大都市の入管は繋がらないことで有名です。
1日中、リダイヤルをしても繋がらない…
入管業務を扱う行政書士では鉄板のネタです。

 

あとは審査部門に電話しても解決に至らないことも…
話の内容によっては、先方も判断できないケースもあります。
(意外と判断できないと言われる場合が多い)
この様な場合は、とりあえず書類を出してみてください。
出てきた書類で判断します。
この様な回答しか得られないことも…

 

あとは大都市の審査部門はナビダイヤル…
質問するのもタダではできないと言う訳です。

 

入管の相談窓口で対面相談

入管の相談窓口で対面相談

 

ラストは入管の窓口に直接行く方法です。
どこの入管にも受付カウンターの近くに相談窓口があります。
大阪入管の場合、2階のAカウンターの横にブースが4つ並んでいます。
ちなみに大阪入管の4階にある「行政相談」と書かれた場所ですが…
ビザや在留資格の相談ではなく、入管の運営や法律など本当に行政分野の相談のみです。

 

メリットは、書類を見せながら相談できることです。
電話だけだと難しい相談も対応できるのが良い所です。
(審査部門と同じで100%の回答が出るかは別問題)

 

あと英語などメジャーな言語なら対応してもらえることです。
審査部門の場合、日本語中心になります。

 

デメリットは入管に行く必要があること。
大抵の入管は空港や港など辺鄙なところにあります。
便利な場所にないので、行くだけでも一苦労です。

 

ここまで入管の相談窓口について見てきました。
以上が入管のインフォメーションセンターで質問するです。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

 

行政書士やまだ事務所 所長

行政書士 山田 和宏

 

日本行政書士会連合会 13262553号

大阪府行政書士会 6665号

申請取次行政書士(大阪出入国在留管理局長承認)

大阪府行政書士会 国際研究会会員

大阪府行政書士会 法人研究会会員

 

【適格請求書発行事業者】

インボイス登録済

番号:T1810496599865

 

【専門分野】

外国籍の方の在留資格手続き、帰化申請(日本国籍取得)

年間相談件数は、500件を超える。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

【プライバシーポリシーと免責事項】

行政書士やまだ事務所の個人情報の取り扱いとサイト記事に関する免責事項について

 

プライバシーポリシーと免責事項

 

【運営サイト】

 

永住許可申請サポート

 

帰化許可申請サポート

 

配偶者ビザ申請サポート

 

経営管理ビザ申請サポート

 

建設業許可申請代行

 

 

無料相談のご予約

永住ビザ申請に関する問い合わせ電話

 

06-6167-5528

 

 

お問い合わせフォームは24時間年中無休で受付中!